開催日:2018年4月15日(日曜日) 募集期間:2017年12月18日(月)- 2018年3月27日(火)

menu

大会レポート Report

参加者の声

4時間エンデューロ 総合優勝

No.10 team INOUE 井上 耕治/井上 貞行

45周を2人で走り切り、総合優勝を果たしたteam INOUE。その名の通り、井上兄弟で参加。
「最初に弟が先頭集団について行ってくれて、後続が離れて人数が少なくなったところで、2周交代でひたすらタイムトライアルをする感覚でしたレースを進められたのがよかった」と兄弟ならではのチームワークで見事な走りを見せてくれました。
凄く楽しいイベントだったので、また参加したいです!と素晴らしいお言葉をいただきました。2連覇をかけてのご参加、お待ちしております!

アタック100 総合優勝

No.1018 山口 雄大

スプリント勝負を制し、28周を2時間29分13秒で走りアタック100総合優勝。今日は完璧なレース展開でした!とレースを振り返る山口選手。
「招待選手がガンガンペースを上げてくれて、それについて行けたので、先頭集団がかなり絞られて、最後の方は自分が得意なスプリント勝負がしやすい状態になりました」
ラスト1周のバックストレートでは勝利を確信していたようで、会心のレースができたと充実した表情で語ってくれました。

6時間エンデューロ 総合優勝

No.284 昨日の敵は今日の友 後藤 孝明/小川 修/竹中 諒/河田 恭司郎/嶋田 祥

6時間エンデューロ総合優勝を果たしたのは、前回大会の4時間エンデューロ総合優勝のメンバーを含む昨日の敵は今日の友。
「ゆさぶりをかけて、なるべく先頭集団を絞ってチームを減らして、アタックの選手がレースを終えるころには他のチームに1LAPを付けた状態にできたのがよかった。今シーズン、最高のスタートが切れました」と狙い通りのレース展開で2位と2周差をつけ、独走状態で優勝。
もう一つの勝因は、やはり前回同様、前日のビールを2杯に抑えたことだそうです(笑)。

アタック180 総合優勝

No.2049 井上 亮

「周りに強い選手が多くて、何回か人数を絞ろうとペースを上げたりしたんですけどうまくいかなくて。最後まで絞り切れずに苦しい展開でした」とレースを振り返ってくれた井上選手。49周を4時間27分01秒で走り、接戦を制して見事アタック180総合優勝。
春先なので、コンディションはまだまだこれからと謙遜されていましたが、「最後のLAP、いいタイミングで抜け出せて、勝つことができました!」と勝利を噛み締めていました。

アタック150 総合優勝

No.3005 雑賀 敬子

「先頭集団に人が多くて、そこについて行けたのが良かった。コース的にも登りがたくさんあったり、きついコースではなかったし、今日は風も強かったのでだいぶ助けられました」と勝因を話してくれたのは、女性のみで競われたアタック150を制した雑賀選手。
「いろんな人が同じコースを走るので、とにかく安全に走ること、怪我なく終われるようにというのを一番気を付けて走りました」とも話してくれました。 安全走行が好成績の一番の近道ですね!おめでとうございます!

No.1262 中谷 健作/No.3013 中谷 弥生

おかやまエンデューロには初参戦のお二人。スズカにはよく参加してくれいていたようですが、このイベントでアタックが始まったので、アタック100とアタック150にご夫婦でエントリーしてくれました。
「目標は完走すること。初めて走るコースなので、どんなコースなのか楽しみながら走りたい」と目標を話してくれました。
それなりに走ってはいるけど、ちゃんとした練習はできていないとおっしゃっていましたが、奥様の中谷弥生選手はアタック150で見事3位!おめでとうございます。

No.302 the dollows 中村 謙太/小渕 航平/藤本 尚希/細見 悠介/増田 稜穂/木梨 公介

会社の同期チームで6時間エンデューロに参加してくれたthe dollows。スズカには参加経験があるが、おかやまエンデューロには初参戦。
スズカに参加した際は30位ぐらいだったそうで、今回の目標を伺うと「優勝!」「怪我なく完走!」とバラバラの回答が。。バラバラの回答とは裏腹に、チームはとても仲がよく、終始楽しそうにインタビューに答えてくれました。
最後まで「優勝目指して頑張ります!」と話してくれていたので、ネタなのかな?と思っていましたが、なんと6時間ロード8位でした!スゴイ!!

No.2061 西村 大世/No.1255 宮下 英樹/No.1042 足立 将太

それぞれがアタックで参加してくれたH.I.A Racing。チーム戦のエンデューロではなくアタックに参加した理由を伺うと、「チームにまとまりがなくて、チーム戦が苦手」だそうです(笑)。
目標は「表彰台!(西村選手)」、「3時間20分以内に完走(宮下選手)」、「落車ナシで完走(足立選手)」と目標もそれぞれ。
西村選手は3人の中でも一番自転車歴が短いのですが、月3000kmを走って練習しているらしく、気合十分といった様子で話してくれました。惜しくも目標達成はなりませんでしたが、180kmを見事完走!
宮下選手、足立選手も無事、目標達成!次回も是非ご参加ください!

あなたの勇姿と感動を、写真というカタチにして。【オールスポーツコミュニティ】
イベントID:E524601

SPONSOR

LINKS